視力回復に必要な目の血行促進。目を温める方法のサポートに馬油を試す

こんにちは。

視力回復を実現する為に、以下のトレーニングの報告や

こんにちは。 私は、将来を悲観し1年ほど前から自宅療養を続けている、「引きこもり」状態にあります。このブログを作ったのも、自分の生きる...

その経過や感想の報告など

こんにちは。 現在、強度近視からの視力回復に対して躍起になっています。 1ヶ月ほど前に、「視力回復に取り組み始めたきっかけ」や「...

今まで行ってきました。

目薬を作って試してみたりもしています。

こんにちは。 数か月前から、「強度近視からの視力回復」にトライしているのですが、 視力回復、目の疲労回復軽減などを目的に...

ただ、普通に同じトレーニングを繰り返していると飽きもありますので、たまに寝る前に「馬油」を目の周り(瞼など)に塗って寝ています。

「馬油」と視力回復の因果関係は明らかではありませんが、

薬品に頼らず自然由来の製品で身体や肌のケアを行いたい!

という方にとって馬油は抑えておきたい商品の1つです。

スポンサーリンク

馬油とは

馬油とは馬の皮下脂肪から作られる油です。

詳しくは「馬油の特徴と使い方」に期待できる特徴が書かれています。(以降参考としてこのページの内容を引用します)

体温で溶ける油

実際に使っている馬油は以下の「ソンバーユ」です。

添加物を使用していない、100%馬油の商品です。

写真のように、冷蔵保存した場合は白く固まりますが、身体に塗った場合は体温で容易に溶けて滑らかになります。

視力回復との関係

馬油は一般的に「化粧品」として、肌の保湿を補う目的で使われることが多い商品です。

これが視力回復を助けると考えた理由は以下になります。

浸透力

馬油の特徴の1つに皮膚への浸透があります。

馬油の特徴-1.強力な浸透力

馬油自体は非常にべっとりとした物ですが、肌に塗るとすぐにさらさらになってしまいます。 これは馬油の強力な浸透力のせいです。 馬油が皮膚の隙間に浸透して細胞間に皮脂が満たされている潤った状態と同じ状態になります。

理由は馬油が人間の皮脂に非常に近い性質を持っているからです。
しかし、浸透力が強いといっても、鉱物油などと違い皮下組織にまでは浸透しないので安全です。

目の周りに使用したとしても、皮膚には馴染みやすいでしょうから、目周辺への浸透を感じやすいのが1つ目の理由です。

血液の循環を助ける

皮膚へ馴染みやすい馬油によって、肌が温まる感覚を促します。

馬油の特徴-4.保温、血液循環促進

馬油はとてもよく広がります。 マッチ棒の先ほどの量で片腕分くらいは広がります。
非常に広い範囲をに素早く膜を作り保湿・保温され、結果的に血液の循環を促進するマッサージ効果が得られます。

懐炉(カイロ)のように熱を発して身体を温めてくれるわけではありませんが、皮膚へ馴染み広がることで、身体の熱の放散が幾分抑えられ、身体が温かく感じるということです。

視力回復における保温、血行促進

血液循環によって身体が温まると、視力回復にも良い影響を及ぼすと考えられています。

視力回復の為に、目のトレーニングや姿勢改善に取り組む理由は以下になります。

  • ピント調節を行う毛様体筋の柔軟性を高める
  • 外眼筋の柔軟性を高める

つまり、目の内部及び外部の筋肉のストレッチや筋力トレーニングを行っている感覚です。

お風呂あがりにストレッチを行うと気持ち良かったり、ストレッチを十分に行うと筋トレの効率や身体機能が上がるように、身体を温めることで筋肉の動きを柔軟に保つ手助けができます。

視力回復のためには、この毛様体筋や外眼筋を柔軟に動かすことが必要になります。そのため、目を温めたり目の周辺の血行促進がポイントです。

馬油を目の周辺に塗りながら、目を効果的に温めたい
というのが狙いになります。
スポンサーリンク

 馬油の使い方

身体を少しでもホカホカ温めたい、という場合に、馬油の使い方として一例を挙げておきます。

足の冷えを和らげる使い方

馬油はそれ自体に熱を放出する効果があるわけでは無いので、身体が熱を放出したり温まるような行動とセットで行うことで、身体の熱が逃げずに温まる感覚を体感しやすくなります。

家族から聞いた話ですが、

馬油を足に塗り、その後ストーブの前に足を置いておくことでよく足が温まる
とのことです。足が十分温まれば夜も眠りやすくなります。

このように、身体を温める前に温めたい箇所に馬油を塗ることで身体を温めやすくなります。

例として、

  • お風呂に入る前
  • ストーブに当たる前
  • 就寝前(湯たんぽと併用するとなお良し)
  • 運動前

など、身体が発熱したり外部の熱で身体を温める前に、温めたい箇所に馬油を塗り込むと良いと思います。

目の保温に役立てる方法

目の筋肉は、懐炉のようなもので急激に温めることはできません。また、ホットアイマスクのようなもので外部から熱を与える場合には、長時間温め続けることが難しくなります

そのため、内部からの熱を出来る限り逃がさないようにして、目の筋肉がほぐれるように努めるのが良いと思います。

具体的には、

「運動」「お風呂」「目のトレーニングやストレッチ」など、身体の内部から熱を放出する「前」に、目の周りの皮膚に優しく馬油を塗り込むことで、目周辺に生じた熱を感じやすくなると思います。

瞼の内側や眼球に指を突っ込んで塗るのは危険なので控えましょう。

まとめ

馬油は医薬品とは異なり、過度な添加剤が用いられていない為、安心して用いることができます。

身体の冷える冬はもちろんですが、身体の冷えやすい方や肌の維持を目的とされる方にもおススメですので、一年中使うことができます。

視力回復の為に目の周辺の温度と熱を逃がしにくくすることは大事なポイントなので、興味のある方は馬油を試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする